不動産投資セミナーや節税で収入UP|サラリーマンでリッチマン

サラリーマン

収入を安定させよう

セミナー

サラリーマンやOLの間で不動産投資が広まっています。無料で参加できる不動産投資セミナーには若い世代の参加者も多くみられるようになりました。不動産投資セミナーは不動産投資に関する情報収集をするには最適な機会と言えます。

詳しくはコチラ

fx初心者に有効な方法

お金

fxは副業初心者が数ある副業のなかでも比較的てを出しやすい分野と言えるのですが、運用商品ですのでリスクが存在するのです。そのリスクをしっかりと理解するには経験をするしかないので、まずは最初の一歩が大切です。

詳しくはコチラ

上手な利用

お金

小さなお金を運用して増やす仕組みで登場した仮想通貨というシステムに日を追うごとに注目が集まっています。リップルは素人でも始めやすいため興味を持った多くの人が着手しています。最近話題に上りますがそのメリットやデメリットに関してこの先の動向が気になるところです。

詳しくはコチラ

限られる節税

どんなことも、しっかりと相談に乗ります!不動産投資セミナーはコチラで開催していますよ。頼りになるサポートを約束します。

不動産投資信託の全てが分かる情報サイトが、ココにありますよ。気になるサポート体制も比較してお得なところに決めましょう。

サラリーマンの節税

サラリーマン

ほとんどのサラリーマンは税務申告は行わないで企業が本人に代わって源泉徴収を行い、税金を納付しています。したがって、個人が節税することは限られています。サラリーマンの必要経費は通常一括で定額控除が採用されています。多くのサラリーマンは必要経費を積み上げるよりも定額を必要経費として控除することが有利になっています。しかしながら必要経費はいろいろありますので税務署で認められている必要経費を把握したうえで節税対策を行うことは重要です。一般的には医療費や住宅ローンが控除対象として認められておりますので、申告して還付請求をすることを忘れてはいけません。特に医療費は収入のある子供でも同居していれば一括して申告できるというメリットがあります。

贈与についても適用する

日本では少子高齢化が進んでいるうえ、預貯金の多くが高齢者に偏っています。現在は親から子へ、子から孫へと預貯金を移転するために贈与税については一定の枠内であれば課税されないことになっています。サラリーマンは節税の材料が限定的ですので贈与税のメリットも生かしていかなければなりません。今年から相続税が増税になりますので、親が不動産を所有していると相続税が大幅に上昇する可能性があります。サラリーマンは預貯金は住宅や教育資金の必要性から貯めることは難しいので、生前贈与を活用することが結果として相続税の節税効果に繋がります。いずれにしてもサラリーマンも源泉徴収制度に頼ることなく、常に税金のことに気を配っている必要があります。